トップ > 合格王の教育システム > 小学生コース > 栄光ゼミナール対策コース

合格王の教育システム

栄光ゼミナール対策コース


 栄光ゼミナールは1クラス12名前後の少人数制です。教室にもよりますがレベル別のクラス分けはそれほど細かくありません、栄光ゼミナールのテキストは四谷大塚の予習シリーズとそれをもとに作成した『新演習』を使用し、復習中心の授業形態をとっています。5年生になると「受験クラス」と、御三家レベルの中学を狙う「四谷クラス」に分かれます。四谷クラスのほうが授業は難しく、テキストも新演習と予習シリーズを使用していきます。

 栄光ゼミナールでは月に一度確認テストとして「アタックテスト」があります。ただし、アタックテストは他の公開模試に比べて難易度が低く、上位校を考えている子供の目安にはなりづらいでしょう。よって大手アタックテストの偏差値から5~7程度引いて子供の現状を把握する必要があります。
 また、単元終了ごとに「単元確認プリント」で定着度の確認をしますが、プリントを解きっぱなしにしている子供も多く、授業が消化不良のままになっているケースもよく見受けられます。現在伸び悩んでいる子供には一週間ごとのカリキュラムを、ひとつひとつ確実にマスターさせていくことが成績アップのポイントです。
 予習シリーズは1週間単位で学習が進むように作成されているので、家庭学習の計画をしっかり立ててください。毎回の単元確認プリントやアタックテストの解き直しは必ず行い、消化不良を残さないことが重要です。6年生では応用問題中心の授業になるため、5年生までにどれだけの土台となる基本を固められるかがポイントです。

 合格王では子供それぞれの学習進度、理解度、生活のリズムなどを考慮し学習計画を立て、学力の定着度を上げ、弱点分野を補強するよう指導致します。もちろん高学年では志望校に照準を絞った指導を致します。

←コース選択ページに戻る

Copyright (C) Gokakuoh Inc. All rights reserved.