家庭教師&個別指導の合格王

MENU

教育システム 中学生コース

「学校補習」から「高校受験」までバックアップ!
「附属校」「一貫校」は学校別オリジナルにパーフェクトサポート

合格王の中学生コースは大きく4つのコースがあります。
基礎、応用あらゆるご家庭のニーズに合わせて、一人ひとりに個別のカリキュラムを作成し、目標を達成させます。
あらゆる物が満たされているこの時代に、何か大きな目標をおもちでしょうか?心も身体も急激に成長する中学生の時こそ、価値あるものを着実に身につけ、夢をもった、充実した学校生活の応援をお約束します!

学校補習コース(公立中学1・2年生)

苦手科目克服

・分からなくなっている単元まで遡り、基本を徹底的に反復させ、土台を固めさせます。先生の来ない日の自宅学習をサポートします。
・躓いた箇所から現在の学習範囲までを系統立て指導します。躓いた理由、生徒の特徴を見抜き、やり方・コツを丁寧に指導します。
・“反抗期に入り、親のいう事を素直に聞かない” “やる気がないから…”とよくお聞きします。この時ほどチャンスはありません。根気強く、親身に相談にのり、現在、習っている学習の大切さを教え、自信が持てるようにします。

内申アップ対策

公立高校受験のポイントとなる内申点。
内申とは?
受験が直前に迫らないと内申の重要性がなかなかピーンと来ないのでは…
定期テスト以外に、学校での授業中の態度、提出物が大きなウエイトを占めます。

万全な定期テスト対策

・定期テストは教科書の中から、ほぼ出題されています。裏を返せば、日々の学校の授業さえ理解すれば点数に結びつきます。授業にしっかり臨み、ノートを見直しましょう!
・計画的な学習を取り組みましょう。部活動や習い事以外の時間を確認し、テスト前に慌てて取り組む事のないスケジュールを組みましょう。
・重要なのはテスト後です。せっかく苦労して詰め込んだ知識も、その後、使わなければ忘れてしまいます。テストが終わったら、その範囲を自分の知識にする為に再度やり直し、定着を計りましょう。また、テストの見直しは今後の対策にも繋がります。学校の先生のテストに対する出題のクセや傾向も分かるようになります。
合格王では学校の教科書に基づいた教科書準拠問題集を用意し、定期テストの予想問題も立て、生徒の目標をクリアさせています。

高校受験コース(公立中学3年生)

模擬試験対策

・東京都、千葉県なら Vもぎ(進学研究会)
・神奈川県なら W合格もぎ(新教育研究協会)
・埼玉県なら 北辰テスト(北辰図書)

などの公開模試があります。
合格王では、各模擬試験に向けた対策を練り、入試本番に万全な状態で受験出来るようサポートをしていきます。
公開模試は当日中の復習が効果的です。現段階での自分の実力を知り、テスト慣れするうえでとても大切です。ただ、模試を受けてそれで終わりでなく、いかに活用するかがポイントです。一番のポイントは解答・解説を完全に理解する事です。その為には必ず当日中に復習をする事です。まだ問題を解いた記憶が残っているうちに、解答・解説の完全理解をしておく事です。模試を受けている時は集中して問題にあたっているはずです。その緊張感は普段の勉強ではなかなか実感が出来ないので、記憶が残っているうちに復習する事で、理解の定着へ結びつきます。

都立・県立高校受験対策

公立高校受験の問題の約6割は、中学1・2年生の内容から出題されています。この事からも基礎力が大事だと分かります。合格王では各都県の受験要項など最新情報を揃えています。

私立高校受験対策

私立高校の受験には志望校の傾向と対策が必須です。過去問題の分析を基に過去・類似問題の数をこなします。傾向を把握し、解答のコツを掴む事で効率よく合格へ導きます。

附属校・一貫校コースコース(国立・私立中学生)

オリジナルテキスト

例えば、英語の教材。プログレス、トレジャーなど文部省認定教科書以外の難易度の高い教材をご使用の生徒へバックアップを充実させています。

プログレス…会話文中心であり、非常に厚く高度な内容とも言われているが、その分文法からしっかり理解出来る為、学び切ればかなりの実力が付くと言われる。1年で1冊の計算でBOOK1~6までの6冊に分かれているが、内容が多く難度も高いため、中高6年間でBOOK4ないしは5までしか扱わない学校も多い。上記のように内容が濃い故に、学校の授業だけでは消化不良になる生徒も多い。(エデック社)

プログレス21…プログレスのマイナーチェンジ版。

トレジャー…GRADE3(中学3年生程度)で、関係副詞・仮定法などの内容(現行の公立校カリキュラムでは、高校英語Iもしくは英語Ⅱ)が扱われ高度な内容である。(Z会出版)

内部進学サポート

一貫校・附属校は学校によって、進度、教科書、副教材など様々です。「公立生向けの塾はあるけど?」とお困りの方も多いはずです。国立・私立の生徒にとって、様々な学習状況に対応出来るといった点で、家庭教師は最適な学習手段のひとつです。国立・私立の生徒は全般的に学力レベルが高いので、一定以上の学力と指導力のある家庭教師を厳選して紹介します。
また一貫校・附属校出身の家庭教師も多数在籍しております。もちろんOB・OGの指名も可能です。合格王では各学校の進度、教材に合わせたカリキュラムを立てますので、一貫校・附属校の独特なカリキュラムにも全て対応しています。

燃え尽き症候群サポート

中学受験の後、新たな目標を見出せず、「中学受験がピークとなり中学校生活を楽しく送る事が出来ない」などの相談をよく受けます。学校側からも「今のままでは高校に上がれないから…」と投げ出される状況に陥るケースもあります。
せっかく親子二人三脚で勝ち取った学校です。人一倍努力をして受験を突破して来たのですから…こんな時に合格王の国立・私立出身の家庭教師陣が親身になって相談にのり解決の糸口を見つけます。

不登校・英検コース

推薦・面接・小論文対策

一般受験よりも内申点が重視される推薦受験。学校の定期テスト対策をしっかり行うことが最も大切です。また、高校側で独自の問題を課すところが多い為、合格王では志望校に合わせた対策として、面接練習、小論文対策に力を注いでいます。
合格王では面接マニュアルや小論文の極意を伝授します。

各種検定・資格試験対策コース

不登校サポートコース

高校入試と勉強法

受験テクニックも合格ノウハウも万全!

2018年度(平成30年度)公立高校入試日程

入試要項(※合格王調べ)

東京都

推薦に基づく入試等

全日制
入学願書受付日:平成30年1月23日(火)
集団討論・個人面接、実技検査等:平成30年1月26日(金) 平成30年1月27日(土)
合格発表:平成30年2月1日(木)

学力検査に基づく入試等

○ 第一次募集及び分割前期募集(注1)
入学願書受付日:平成30年2月6日(火) 平成30年2月7日(水)
学力検査:平成30年2月23日(金)
合格者発表:平成30年3月1日(木)

○ 分割後期募集及び第二次募集(注2)

※分割後期募集は予め定員の一部を割り振って必ず実施されるのに対し、二次募集は一次募集を終えて定員に満たない場合に実施されます。

願書受付日:平成30年3月6日(火)
実施日:平成30年3月9日(金)
合格者発表:平成30年3月15日(木)

(注1)分割募集:定員を前期と後期に分割し、2回に分けて行う募集
(注2)第二次募集:第一次募集で欠員のある学校が行う欠員補充の募集

千葉県

平成23年度から新制度となりました。
・特色ある入学者選抜→前期選抜
・学力検査等による入学者選抜→後期選抜

前期選抜

出願:平成30年2月2日(金)・5日(月)
検査日:平成30年2月13日(火)・14日(水)

※通信制の課程の一期入学者選抜の検査は、平成29年2月14日(水)のみ実施

発表日:平成30年2月20日(火)
入学確約書提出期間:平成30年2月20日(火)~22日(木)
入学許可候補者発表の期日:後期選抜とあわせて発表する。

※平成28年度選抜から、専門学科及び総合学科(普通科から改編した学校を除く。)の前期選抜枠並びに地域連携アクティブスクールの一期入学者選抜枠の上限を100%に拡大しました。これらの学科等については、前期選抜等により募集定員が満たされた場合、これ以降の選抜は実施しません。

後期選抜

出願:平成30年2月23日(金)
志願先変更:平成30年2月26日(月)・27日(火)
検査日:平成30年3月1日(木)
発表日:平成30年3月7日(水)

第二次募集

※第二次募集は第一次で定員を満たせなかった場合だけ実施されます。

出願:平成30年3月9日(金)
志願先変更:平成30年3月12日(月)
検査日:平成30年3月14日(水)
発表日:平成30年3月16日(金)

神奈川県

募集期間:平成30年1月29日(月)から1月31日(水)まで
志願変更期間:平成30年2月5日(月)から7日(水)まで

※連携型中高一貫教育校連携募集は除く

共通検査(学力検査等)の期日:平成30年2月14日(水)
共通検査(面接)及び特色検査の期日:平成30年2月14日(水)15日(木)及び16日(金)

※連携型中高一貫教育校連携募集は2月15日(木)のみ

合格者の発表:平成30年2月27日(火)

埼玉県

学力検査による選抜

願書受付日:平成30年2月19日(月)・20日(火)
志願先変更:平成30年2月22日(木)・23日(金)
学力検査:平成30年3月1日(木)
実技検査(芸術系学科等):平成30年3月2日(金)
面接(一部の学校):平成30年3月2日(金)
入学許可候補者発表:平成30年3月9日(金)

※欠員補充の日程及び内容については、実施する高等学校において定める。

東京都の公立高校

都立高校入試には推薦入試、1次募集(分割前期募集)、2次募集(分割後期募集)の3回の受験機会があります。

平成30年度都立入試について

推薦入試
・推薦に基づく入試は主に都立高校全日制課程で実施します。志願する都立高校を第一志望とする生徒が対象です。
・募集人員の割合については11月上旬に発行予定の「平成30年度東京都立高等学校募集案内」で確認してください。
・一般推薦の他に文化・スポーツ特別推薦があります。
• 検査は集団討論、個人面接、小論文または作文、実技試験、その他学校が設定する検査を組み合わせて実施します。※原則として集団討論と個人面接はすべての学校で実施します。
・選考は 調査書点のほか、集団討論、個人面接、小論文または作文、実技試験、その他学校が設定する 検査の各点数を総合した成績で行います。

1次募集(分割前期募集)
・学力検査(科目数は各高校で異なるが大半が5科目 各科100点満点各50分 コース制高校などで傾斜配点を行うところがあります。) 調査書、自己PRカード、面接、実技〔学校による〕5科目の共通問題があります。
・選考については学力検査の得点及び調査書点のほか、面接、小論文または作文、実技検査を実施する学校ではこれらの点数を総合した点数で合格者を決定します。
・進学重視型高校は自校作成問題で行います。チャレンジスクールやエンカレッジスクール等学力検査を行わず個人面接や小論文または作文により選考を行う学校もあります。

2次募集(分割後期募集)
・1次募集で入学手続者が募集人員に達しない高校は2次募集を行います。

千葉県の公立高校

平成23年度から新制度となりました。
特色ある入学者選抜→前期選抜
学力検査等による入学者選抜→後期選抜

前期選抜

出願 平成30年2月2日(金)・5日(月)

検査日 平成30年2月13日(火)・14日(水)

※通信制の課程の一期入学者選抜の検査は、平成30年2月14日(水)のみ実施

発表日 平成30年2月20日(火)

入学確約書提出期間 平成30年2月20日(火)~22日(木)

入学許可候補者発表の期日 後期選抜とあわせて発表する。

※専門学科及び総合学科(普通科から改編した学校を除く。)の前期選抜枠並びに地域連携アクティブスクールの一期入学者選抜枠の上限を100%に拡大しました。これらの学科等については、前期選抜等により募集定員が満たされた場合、これ以降の選抜は実施しません。

選抜枠
普通科:募集定員の30%~60%
専門学科及び総合学科:募集定員の50%~80%

検査内容
第1日 5教科の学力検査(1科目50分・共通問題)
第2日 各高等学校において、面接、自己表現、作文、適性検査、学校独自問題等から、1つ以上の検査を実施

選抜方法
「第1日目の5教科の学力検査の成績」、「第2日目の各高等学校ごとに実施した検査の結果」、「調査書」等を資料とし、各高等学校が総合的に判断する。

後期選抜

出願 平成30年2月23日(金)

志願先変更 平成30年2月26日(月)・27日(火)

検査日 平成30年3月1日(木)

発表日 平成30年3月7日(水)

募集人員 募集定員から前期選抜の合格者数を減じた人数

検査内容 5教科の学力検査(1教科40分・共通問題)及び面接等(各高等学校の必要に応じて実施)

選抜方法
「5教科の学力検査の成績」、「面接等を実施した高等学校については、その検査の結果」、「調査書」等を資料とし、各高等学校が総合的に判断する。

第2次募集

出願 平成30年3月9日(金)

志願先変更 平成30年3月12日(月)

検査日 平成30年3月14日(水)

発表日 平成30年3月16日(金)

神奈川県の公立高校

募集期間 平成30年1月29日(月)から1月31日(水)まで

志願変更期間 平成30年2月5日(月)から7日(水)まで

(連携型中高一貫教育校連携募集は除く)

共通検査(学力検査等)の期日 平成30年2月14日(水)

共通検査(面接)及び特色検査の期日 平成30年2月14日(水)15日(木)及び16日(金)

※連携型中高一貫教育校連携募集は2月15日(木)のみ

合格者の発表 平成30年2月27日(火)

募集について
平成25年(2013年)春の入試から「共通選抜」という受検者全員が学力検査と面接を受ける1回の選抜機会となりました。 共通選抜では、「内申点」「学力検査」「面接」および「特色検査」の結果が選考の資料となります。
内申点は2年内申の9教科合計と、3年内申の9教科合計を2倍した135点満点です。ただし、各高校の判断で3教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。
基本的に英語・数学・国語・理科・社会の5教科の数値を使用します。検査時間は50分、各教科の満点は100点。
「基礎的・基本的な知識及び技能」や「思考力、判断力、表現力等」を測ります。「思考力を測る」記述式の問題も出題されます。

※特色検査を実施する場合、3~4教科での実施もあります。また、各高校の判断で2教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。

各高校の学科・コース等ごとに募集を行います。
募集人員は、募集定員の100%とします。

志願に必要なもの
全員が「入学願書」と「面接シート」を志願する高校に提出します。
「面接シート」は、面接の際、参考にするものです。

志願変更について
期間中に1回の志願変更ができます。

検査内容
全員に学力検査と面接が課されます。
「学力検査」は、外国語(英語)・国語・数学・理科・社会の5教科を原則とします。
*特色検査を実施する高校の場合、3~4教科に教科数を減らすこともできます。
「面接」は、個人面接で2人以上の面接担当者が行います。面接時間は10分程度です。
高校により共通の検査に加えて、「特色検査」を実施する場合があります。
「特色検査」は、「実技検査」「自己表現検査」の2種類です。

選考方法
「第1次選考(定員の90%)」と、「第2次選考(定員の10%)」を実施します。
〔第1次選考〕
「内申」+「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考します。
内申:学力検査:面接の比率は各高校が決めます。
〔第2次選考〕
内申を資料とせず「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考します。

埼玉県の公立高校

公立高校の入試は3月に行われます。選抜方法は5教科の学力検査、調査書、各校が任意に実施する面接・実技検査に基づく「加算方式」で、総得点の上位の受験生から合格となります。各高校がどのように選抜するかは高校ごとに選抜基準を定めています。

入学者選抜の日程

願書等提出:平成30年2月19日(月)・20日(火)
志願先変更期間:平成30年2月22日(木)・23日(金)
学力検査:平成30年3月1日(木)、一部の学校2日(金)に実技検査・面接を実施
入学許可候補者発表:平成30年3月9日(金)

選抜の仕方

<学力検査>
平成29年度入試から学力検査について、大きな変更点が2点ありました。
1点目は、今まで理科・社会の検査時間が40分だったのに対して、今年度から50分になった事です。
原則として、全ての志願者が学力検査を受検します。各教科とも100点満点で問題の難易度によって配点に差が設けられます。5教科(国語、社会、数学、理科、英語)の学力検査を実施し、英語はリスニングがあります。
中学校学習指導要領に基づいて出題されます。基礎的な知識及び技能を見る問題と共に思考力、判断力、表現力などについて、学力検査の結果に反映させられる様にしております。また受検者の学力を十分に把握できるよう記述による解答も求める様にします。そのことにより部分点が認められる場合もあります。
2点目は、一部の学校を受ける生徒は共通問題と内容が一部異なるテストを受けることです。これは、数学・英語のみが適用となります。問題の内容はすべてが異なるということではなく、一部問題が追加になっていたり難易度が変わっています(埼玉県教育委員会のHP上にあるサンプルの問題より)。尚、一部の学校の一覧は埼玉県教育委員会のHP上に記載されていますので、そちらをご参照下さい。

<調査書>
「学習の記録」「特別活動の記録」「その他の項目」の各得点を算出しその合計を調査書の得点とします。
「学習の記録」は9教科の評定(45点満点)について各高校で定める学年ごと比率をかけて求めます。

<実技検査・面接(※一部の学校)>
芸術系や体育系などの学科・コースでは実技検査を実施する場合が有ります。

合格王の勉強法

それでは、どのように勉強していけばいいのでしょうか。
数学を例にとって説明します。

右の系統図を見て下さい。大きく分けると、数と式・数量関係・図形の3つです。細分すると全部で24単元です。

学校では、系統図の縦・矢印の順番に授業が進んでいきます。1年生の時より、2年生や3年生になって成績が下がってしまう生徒がなぜ多いのか、明確な理由があります。学校の授業の進め方は、ひとつの単元が終わるとすぐに新たな単元に入っていきます。このことに原因があると合格王では考えます。2年生で例えると、不等式の単元が消化しきれないままに、連立方程式の単元に進んでしまうといった具合です。多くの生徒が連立方程式の単元で苦労しますが、手前の授業で習った不等式の単元に一番の原因があるわけではなく、1年生で習った方程式の単元に、かなりの原因があるのです。

そこで合格王の得点アップ方法は、系統図の横・矢印進行の授業に着目します。
生徒個々には、それぞれ「この単元から弱い」といった原因が必ずあるからです。

(1)現状の原因単元を明確にする
(2)原因の単元まで横に戻り、徹底克服する
(3)だから月例や定期テストの点数がアップして、確実に成績が上がる

上記の例でも、分かる通り、受験生になってから「さあ準備」より、2年生までに「合格組」を目指すべきですよね。もちろん受験生でも遅くはありません。大事なのは、どこの単元でつまずいてしまっているのかを見極め、補習・克服していくことなのです。

そう、急がば回れ、です。